冬瓜書房 
同人誌編集者のつぶやき

山盛りの商品、アイス、。

2018/06/08(金)
「うふふ…
あんた、今日の昼、ローソンいかん?」


松ママからの電話。
聞けばdポイントとやらが5000円分くらい貯まったので
ローソン(徒歩ではしんどい距離)まで乗っけてくれないかと。

そしたら私にも、何か弁当なり
お菓子なりを買ってくれる、とのこと。

マツキヨでも
dポイントが使用できると聞いたので、
ローソンよりそっちの方が
必要な日用品も色々買えるのでは、と提案し
マツキヨに行った。

広い店内を
物色し
買い物かごに
わんさかと商品を載せ
レジ前でアイスも2個ポイと放り込み
私の子供のために
アンパンマンのせんべいも入れてくれて
合計金額は4500円くらいだったろうか。

松ママが
意気揚々とdポイントカードを出した。

「420ポイントご使用できますね」

…え??

まさか、。

私「マツキヨで換算したら
5000ポイントがその金額になるのかな?」

松ママ「そんなはずはない!
5000円分ってコールセンターがゆってた!」

かごに乗った山盛りの商品、アイス、。

急きょNTTに電話。

松ママ「あのねえ、私、○○○○と申しますけどねえ、」
「ええ??」
「ポイントが??そんな!
こないだ5000円使えるって言ってたもん!」

いや~…な展開に
私は松ママがまた
心不全をおこしやしないかと
横で心臓がバクバクしてきた。

かごに乗った山盛りの商品、アイス、。

店員「お待ちのお客様、横のレジへどうぞ」

電話終了。

松ママ「…31日で、有効期限が切れてたんだと、。」

私「え…」

松ママ「29日に電話で5000円貯まってるって云われてたんだけど…」

私「まじで…」

買い物かごから
わさわさと色んな商品をのけて
合計2000円くらいにして
420円分のdポイントを使用し
がっくりとした足取りで
車に戻った、。

ポイントを当てにしてたので
松ママの財布には
お札が全くなくなった。、

「悪かったなぁ、
せっかく連れてきてくれたのに…」

なんか、ガラケーで通話のみの契約だと
請求書にも
ポイント数やら有効期限やらが書かれてないらしい。

去年しまむらに一緒に行ったとき
やまやの中のダイソーで
たまたまdポイントが使えて
めっちゃ買い物できて喜んでたんだけど、
それから一回もポイント使ってなかったらしい。

29日にせめて
「有効期限が迫ってますよ」って
一言ゆってくれてたら…

めっちゃかわいそう。、

ちなみに、
アンパンマンのせんべいは
買ってくれた、。

ポイントって
一体なんなんだよ!

毎日つつましく生活した挙句
NTTに
5000円募金したって事かよ!


ちやほやされてる
ポイントに
時々
めっちゃムカついている
私がいる



スポンサーサイト


真理の砂粒

2018/06/06(水)
なんだか
すごい勢いで
色んなことが
激変している
気がする

激変している
気がしている
私がいる

早く早く
なにもかも全部
どんどん
どんどんどんどん
流れ去ってくれたらいいのに

そしてその時
私の手の中に
どんな真理が
残っているのか
早く知れたらいいのに

その砂粒だけ
手っ取り早く
眺められたらいいのに




勝間和代さん、最強やん、。

2018/05/29(火)
勝間さんがカミングアウト…??
もう、最強やん、。

賢いし、口うまいし、
子供も3人産み育ててはるし、
その上
マイノリティの気持ちもわかってはるなんて、。

総理なってや、。

勝間さんに
まかすわ、
日本の未来、。





蛇口ひねるマサムネ

2018/05/28(月)
ふと
ラジオから流れてきた
マサムネ氏の歌う「正しい街」が
いきなり目の蛇口を
全開でひねってきて
びっくりした






存在の耐えられない濃ゆさ

2018/03/28(水)
保育園の行事で
たまたま一緒になったお母さん方と
流れで小一時間ほど
近所の喫茶店に行ったのだが、。

だいたい
「こんな人だろう」と
勝手に決めつけていたもろもろが
ことごとく覆され、。

「え~??OO??」
「え、え、OOOO???」
「え、え、えええ~~???OOOOO??」


などと、
もう、ヘロヘロになった、。

このゲームで勝利するには、
私には、手札が少なすぎる、。
人生が、薄すぎる、。

とりあえず、
気の利いた
「元旦那あるある」
ひとつも言えないなら
処女同然って感じ。

「ムショ、シャブ、ヤクザ」
等のカード、
もしくは
それ以上が無いならば

早々にゴルフ場の
ギャラリーに回って
静かに選手たちのショットを見守り

「ナーイスショーット!!」

という合いの手を
最高の瞬間で挟むしか
私の存在価値のない状態。

WOWOWで「シェイムレス」にはまり、
ホクホクしていたけど、
「シェイムレス」すら、もやに霞む
現実のこゆさ、。

ひたすらつかれた、。

喫茶店出るころには
突如女の人生劇場に放り込まれ
サンドバックよろしく
ボカスカ打たれ続け
半年分ほど早めに老け込んだ
ぐったりした私がいた、。

おい!
現実!
おまえちょっと
濃すぎんだよ!






 次のページ >>