FC2ブログ

BL映画・壮大部門1位

覇王別姫、
久しぶりに観た。

中国の歴史にも触れつつ、
BL要素も抑えており、
やっぱりこの映画、

相変わらず最高
長いのに
全然眠くならない。


これは…
『BL映画・壮大部門』
というものがあれば、
2019年の今この瞬間まで、
ずーーっと1位
輝き続けてるんじゃなかろうか。

これを超える
壮大さを備えた
BL映画など、
あるだろうか。

BL要素を創作に入れると
どうしても
重箱の隅をつつく展開
なりそうなものを、

京劇の小劇団を
文化大革命に
絡めちゃうあたり、
本当にすごい、

スケールが
BL的
「風と共に去りぬ」。


本っ当に魅力的な映画。

石頭と豆子の
子供時代に始まって
カイコー監督の
創作のテーマ
なのであろう
栄枯盛衰要素
織り交ぜつつ

レスリーが
ひたすら
美しい美しい美しい

対する石頭の
まっとうな
ノンケぶりが
安定していて
それがまたよい!

子供時代に
京劇の厳しい訓練に
耐えかねて逃走した癩子(?)が
自殺したところを
みんなが発見する場面、

横に立てかけてあった舞台が
バーーーン!!!
と倒れて
砂埃が立つのだが、。

あの演出、すごくない???
なんだろ、
ほんとに何かが
カイコー監督に取り付いて
倒そう!
となったのか。
原作にそういう文章があるのか。

カイコー監督の
「空海」
染谷将太くんの
常に微笑をたたえた空海が
よかったな~~~

そういう
「おっ!」ていう
スパイスが
観ていて嬉しくなる。

映画って、
本当に
いいものですね~


おしまい

------------------------------------------------

_20190529_120436_convert_20190529120712.jpg

↑双子生まれた~!!!
頭のリボンがピザになってる。
めっちゃかわいい~~~!!!



スポンサーサイト



トマトジュースとショパン

BS朝日でやってた
大林監督と安藤監督の対談みた。

大林監督は子供のころ
教育発表会で
ショパンを弾きながら
口に含んだトマトジュースを吐き出し

(吐血の演出)
ショパンの一生を表現したらしい。

貴重なピアノは
トマトジュースにまみれ
普通に考えたら
大目玉を食らうはずが
校長はそれを咎めず、
子供が何かを表現しようとした、
その精神を尊重してくれたと。

戦争が終わり、
自由になったとき、
大人たちは
子供たちへの教育に
出し惜しみしなかった
(いろんな意味で)

…というようなことを言っておられた。

「人のマネを
上手にするより
自分らしくやって
失敗しなさい」

と言っておられた。

泣いた。。

~~~~~~
「花の影」
初めてみた。
すごい…
こういう事やわ…
これが恋やろう…
すれ違いの応酬応酬、
そして端午の変貌、
下から上へ
上から下へ
あぁあ~~、すごすぎる…
クリストファードイルの
カメラワークも
かっこよすぎる…

レスリーの悦と
ドイルの悦
カイコー監督の悦の
三つ巴で
スパークスパークスパーク!!!

これぞ映画の
醍醐味ですやん…

ラ・ラ・ランドでムカついたのは
あまりにも
恋愛の描き方が
単純すぎたってことやね…

おスまい



↑生クリストファードイル!

ジャズバンド版・蜷川演出

「セッション」

おもしろかったー、。
指揮者の先生、あんなにムカつくキャラクター、
ほんとに久しぶりで、心が掻き立てられた。
架空のキャラで、
こんなにムカつかせられるって、いつぶりだろう。

「どんな悪人にも色んな事情がありまして~」
みたいな作り話があふれる中
最後まで「何なんこいつ!」って思わせる、
こんな映画あまりない。

演出家バリバリの時の
蜷川幸雄かよ!!


主人公にめっちゃ感情移入して号泣。
んでこれってラ・ラ・ランドの監督さんなんやー
セッションのほうが好きだわー

この先生役、役所広司でやってほしいなー
主人公は、高良健吾とかどうだろう。

おしまい

腐ってもユアン・マクレガー

「シェイプ・オブ・ウォーター」みた。

ユアン・マクレガーが演じる
ハンギョドンのしつけ役が
めっちゃ怖くって
すごなぁと思った。

「トレイン・スポッティング」
やってから
何年よ?
こんな役もできるようになったんやなぁ。
眼力が増してるし。
ちょっと眉間の辺は
特殊メイク?してるけど。

腐った指2本、
ず~~っと
くっつけてるのも
怖かったし
けっこう激しい濡れ場もこなして
最後ハンギョドンが
「お前はお前で大変なんだろ」と
ユアンのすべての罪をゆるし
王蟲に匹敵する治癒力を
指の再生に生かしてくれるのかと
思いきや、
私の思いきや全無視で、
ぶっしゃーっ!!て
なったところで
「ユアンがめっちゃかわいそう~~!!」
って思った。
腐ってもユアン。
もう少し敬ったってくれよ!!

ほんで見終わって
キャストぼーっとみてたら、
ユアンの名前がない。

…あれ?

マイケル・シャ…??


誰それ??

ユアンでてないやん!!

「カポーティ」みて
カポーティ役の
マット・デイモンって
ほんまいろんな役できるな~
「グッド・ウィル・ハンティング」から
何年よ?

「チームアメリカ」で
いじられまくってただけあるよな、
それだけもう大御所ってことだよな、
キャリア積んで
すごいな~

って見終わったら
マット・デイモン
1ミリもでてなくって

フィリップシーモア…
やったときくらいの
衝撃だった。。

ユアンの
現在の画像検索したら
かっこよかったので
ホッとした。

おしまい

우유우유우유우유우유우유우유우유우유우유

最近キュウにはまってる。
タイタン所属っていうところも
め~~~っちゃ、ええやん!







13時間コースでよろしいですか?

豊田利晃監督の映画
「青い春」を見に行ったのは

熊川さんとだったか
ちかちゃんとだったか
ゆうじろうとだったか
3人ともいたのか

それとも意外と
そういう系は見ない
ゆかこちゃんとだったか

よく覚えていないのだけど
とにかく誰かと一緒に
見に行った覚えはあって

私は正直
その後「ナインソウルズ」や
「空中庭園」を見た時ほどは
うっひょ~~!!!
とならず
ピンとこなくて

でもその一緒に見た人が
「面白かった~!」
言っていたのは
覚えていて

「へえ~~そうなんや~~」と
思ったことは
覚えていて

こないだ
久しぶりに
テレビで「青い春」みたら
最後の方に
すごいシーンがあって

え、え、
これ、どうやって撮ったん??
え??
あの
ええ感じの
日本映画には欠かせない
新井浩文さんを
えええ???

…っていうので
検索したら
新井さんが
豊田監督に
「2時間立ってて」と言われ
学校の屋上に立たされ、
結局13時間
ずーっと立たされて
それを早送りで使用したシーンだったらしい

すご!!!

サディスティック!!!

しかも
ボーっと
最後の字幕見てたら
「けっこう出演していましたよ」的な
文字のでかさで
「又吉直樹」って
名前が書いてあって

またまた
えええ???

あの芥川賞作家の
又吉さんが???
青い春にでてた???
どこどこどこ???

ってなって

なんだか
わかんないけど
やっぱ
豊田監督すげ~~~!!!
と思った。

とても興奮して
一緒に
映画見に行った人に
連絡して

「あれってさ、
新井さん本人が13時間
立ってたらしいで!」
「又吉さんもでてたらしいで!」
「あの映画面白いって言ってたよね、
見る目あるわ~~!!!」


って
話したくなったんだけど

肝心の
誰と行ったかを
まったく覚えてなくて
とても残念だった。

おしまい


プロフィール

とうがん書房

Author:とうがん書房
家から
半径500メートルを
ぐるぐるぐる

アンパンマンで
好きなキャラクターは
ロールパンナちゃん

私の心の3大師匠

中島みゆき
上沼恵美子
山本茂子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR