冬瓜書房 
同人誌編集者のつぶやき

私の理想

2012/02/10(金)
自分が相田みつをに感動する人間だったら
どんなに人生楽だったろう。

みつをの言葉に救われた人生。

なんてシンプル。

自分が鶴太郎の絵に感心する人間だったら
どんなに人生楽しかろう。

鶴太郎というフィルターを通しても
絵の素晴らしさを認められる
素直さ。

その素直さは
周りの人を明るくするだろう。

最近こむずかしいものがすべて厭。

ゴタク並べくさってなんになるの。

アホになりたい。

毒も吐けないアホに。

俗に染まりたい。

ほんまに。

俗とゆう湯船があったら頭まで浸かりたい。

美容室で女性自身渡されて素直に読みふける人生。

もうそんなんでいいわ。

にんげんだもの。



スポンサーサイト