冬瓜書房 
同人誌編集者のつぶやき

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

かすれによろしく哀愁

2012/03/19(月)
急にアメリのサントラ聴きたくなって
CD買いました。

ええわー

アコーディオンの音が
切なすぎるし
ヤンティルセンのたたみかけるような旋律が
涙腺ゆるませまくり。

ありもしない
ドラマチックで切ない過去を脳内が作り上げ
郷愁を誘う、みたいな。

なんでアコーディオンの音って
こんなに切ないんかな?と考えた。

で、「かすれ」が切なくさせるんやろうと思うに至った。

若い声はかすれがない。
年を取るにつれ、かすれてくる。
声の哀愁。

使えば使うほど
かすれてくる
筆の哀愁。

そんなのがアコーディオンの音にはあるんちゃうかと。

人間でたとえるなら、
森進一とか倍賞美津子とかの声。

アコーディオン弾けたら
かっこいいなぁ。。




スポンサーサイト


 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。