冬瓜書房 
同人誌編集者のつぶやき

プーランというのは「花」という意味らしい

2012/11/13(火)
本屋にて「女盗賊プーラン」という口述自伝本が目に入り購入。

プーラン
「無知というのは、飢餓と同じくらい残酷な事」 byプーラン

面白かったーー

インドのヒンズーのカーストに比べたら
スクールカースト、それがどうしたん、っていう。

桐島、部活やめるってよ、あ、そーですか、…っていう。

「前世の行いによってあなたは今のカーストに生まれてきた」というのが
ヒンズー教のシステムなので、
この戦う女、プーランの父親は
過剰なほどの諦観をもってカーストに順応、
正当な賃金が貰えなくても
「わしのカーストはマッラやさかい…」とあきらめちゃうタイプ。

しかしプーランは父親と正反対に
女だてらに戦う運命を生きていく、
っていうか、生きざるを得なかったという話。

しかしこの過酷な運命の中、
ヴィクラムという盗賊の頭脳明晰イケメンリーダーと惹かれあうというのが…

たまらん!!

めっちゃ素敵やんかいさ~~

超ロマンチックやんかいさ~~

なんか、些細な心の揺れ動きもいいけど、
こういうバスーン!とかズシーン!とかいう
人間の根幹を揺さぶるような、
核とか芯とかがそういう感じの
ラピュタのでかい飛行石みたいな中心を持った

そういう
野茂の投げるストレートみたいな作品描きたいよー



スポンサーサイト


 次のページ >>