冬瓜書房 
同人誌編集者のつぶやき

0円・ピエール瀧論

2014/05/30(金)
アナ雪見てきた。

洋画はいつも字幕で見るのだが
アバターで字幕に挑戦したら
3Dに全く集中できず
しまいには
メガネの重さばかりが気になって
結構なお金出して
娯楽に行ったのに
一転、苦行と化した
あの教訓を生かし
今回は吹き替えで。
でもメガネonメガネで。

その中で
雪だるまが出てくるのだが、
この声やトーンが
実に絶妙で、
「…いったいこれ誰の声?芸人さんかなー」
と思いつつ
最後のキャスティングで
ピエール瀧とな!

びっくりするわ。
こんなとこで
でくわしたら
ほれてまうやろー!!!
ですよ。

「しょんないTV」の
画面からあふれ出て
ありあまる色気。
フェロモン。

笑った時見える銀歯。

あのランクのタレントにして、
この地デジ高画質の時代にして
「オレ銀歯でいーですわ」
といったかいわないかは知らないが
あのゆるさ。

そのうえ、
あの雪だるまの
秀逸な声優ぶり。

これはやばい。

手が届いてしまうかもしれない
チャン・チェン。

と思わせる
隙がすごい。






スポンサーサイト


 次のページ >>