冬瓜書房 
同人誌編集者のつぶやき

敬意がどば・どっばぁ

2017/11/24(金)
友人が編んだ
子供用の手編みのワンピースを
おさがりとしてお借りしている

自分の子に着せた時の
その見事な出来栄えに

会ってない間の
友人の日常
コツコツとした
毎日のつみかさねが
ぶわぁあーーっと立ち上がり

ボタン周りのきれいな処理とか
じっとみてると
昔ビデオで毎週
「ファッション通信」を録画しては
ちくちくと
長袖を半袖にしてたりした彼女の姿が
思い出され

そのワンピースを
触ってみてるだけで
自分とは違う
性格と人生に対する
敬意みたいのが
どばどばと
自分でも
止めようがないほど
あふれてくるのだった

おわり
スポンサーサイト


 次のページ >>