冬瓜書房 
同人誌編集者のつぶやき

千原ジュニアさんのタブー

2014/11/17(月)
長らくケンコバさんとジュニアさんの
トーク番組「にけつ!」を
拝見しているが

5年前に
ジュニアさんが九鬼(くき
↑名前からしてわらける。。
という
影のある役を演じていた
連ドラ「ぼくの妹」に絡んだ話を
全くしないのが
ふしぎ。

めっちゃ
おもろいネタありそうやのに。。
しかも主演が
オダギリジョーと長澤まさみなのに。。

なんかタブーがあるんかな。

確かに
シリアスなのに
わえるほどふわふわした
ドラマだった。

なんら
カタルシスのない
どこが目的地なのか
まったくわからない

ポジ変換して
それが逆に良かった気もしてくる
変てこなドラマだった。

ジュニアさんがいつ
「九鬼やるんめっちゃ大変やったでー」と
漏らすのか
密かに楽しみにしている。



オダギリさんが
ナレーションで「九鬼」と発音するたび
誰も意図していない
なんともいえないおかしさが
こみあげるという。。

スポンサーサイト



  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tougansyobo.blog41.fc2.com/tb.php/192-d9bcd7e3