FC2ブログ

古い日記~あの頃は~

引っ越しの時に、手帳がたくさん出てきた。

試しに25歳だった時の12月って
何してたんやろ、とページをめくると
「イブの日に タンポン入れる我」
という句めいた走り書きがあった、。

天才か。
一握の砂に匹敵する哀愁。
浮かれた街、恋人たち。
それらにつまはじきにされた自分。
等身大の青春。

センスあるわ、君。

最近昔の自分と今の自分が別人の気がして
つながっていない気がして
ほんとにあれは自分やったんかな、
などと考えることが多く。

そんな時は手を見ると
昔から噛んだり触ったりの癖で
削れた中指の爪が少し歪んでて
「…やっぱ私だよな」
って思う。



手って不思議だな。

それでは皆さま、
よいお年を!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とうがん書房

Author:とうがん書房
家から
半径500メートルを
ぐるぐるぐる

アンパンマンで
好きなキャラクターは
ロールパンナちゃん

私の心の3大師匠

中島みゆき
上沼恵美子
山本茂子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR